本文へスキップ

チアースは沖縄本島のダイビングショップです。

沖縄のダイビングに関するエッセイ



沖縄でのダイビングの時期・シーズン

沖縄で何をしたいかを考えたときに、やはりマリンレジャーは欠かせないのではないでしょうか?

しかし、沖縄以外に住んでいる人からすると、沖縄でのダイビングに適した時期・シーズンというのが気になるところかと思います。

結論から言ってしまうと、基本的に沖縄では一年を通して快適にダイビングを楽しむことが出来ます。

沖縄では、4月くらいから暖かくなり、5月の梅雨を過ぎると本当に日差しがキツイくらいになります。

個人的には、このあたりから海に入りたくなってきます。

沖縄は、いつも太陽がギラギラしているわけではなく、一年を通して意外と曇りの日が多いのですが、梅雨明けの6月くらいは太陽がギラギラしていると感じるような暑さですので、海の中に入ると、少しひんやりしてとても気持ちがいいのです。

本格的なシーズン前ですので、観光客もまだ少なくて、ダイビングポイントが空いているのも良いですね。

7月くらいになるとウェットスーツも5mmから3mmの薄い生地のダイビングスーツでも快適なので、動きやすくなります。

問題は、8月から10月にかけてです。

熱中症に気を付けるなどの暑さ対策も必要になってくるのはもちろんなのですが、台風が多くなってきて旅行スケジュールが狂ったり、天候によってはダイビングが出来ない日も多くなってきます。

沖縄に到着後、天候が悪くなりそうであれば、滞在期間の早い段階でダイビングの予定を組んだり、予定を組み直したりした方が良いと思います。

ダイビングが出来るかどうかは、雨よりも風や波に左右されます。

ですから、ご自身で、晴れ、曇り、雨などだけでしか判断が出来ないようでしたら、ダイビングショップに電話して、滞在期間を伝えてダイビングが出来る日と、出来ない日を聞いておくのも一つの手です。

ダイビングショップやインストラクターは、気象情報の中でも風や波の影響を判断できるアプリを活用したり、地元の関係機関と連絡を取り合いながら現場の情報を手に入れています。

沖縄旅行で、ダイビングをぜひやりたいと考えているようなら、「晴れているからダイビングできると思ったのに残念・・・」ということにならないように、情報収集してスケジュールを決めてください。

11月くらいから少し涼しくなってきますが、沖縄以外から来た場合、まだまだ暖かく感じると思いますし、水温も高いので、ダイビングは快適に出来ます。

12月中旬くらいからは、少々寒く感じるかもしれません。

しかし、観光客も少なく、透視度も高いので、澄んだ海の中を見られます。

1月から3月までは、かなり寒いと感じると思いますが、フードベストなどを着ることで、対処できます。

沖縄では一年を通してウエットスーツで大丈夫です。

お休みがとれるなら、個人的におすすめは6月中旬から7月くらいかと思います。

あとは、10月中旬から12月上旬くらいです。

理由は、ほどよく暖かくて、太陽と海が気持ちよく、台風などでスケジュールが狂うことが少ないという点です。






ショップ

shop info.ショップ情報

チアース 沖縄 ダイビング

〒901-2223
沖縄県宜野湾市大山6-2-11
TEL.050-7114-0157

E-mail
diving@cheers.blue

→アクセス



Cカード

Cカード info.

チアースでは、初めてのライセンス(Cカード)から、プロレベルのライセンス(Cカード)まで発行しています。発行するCカードは世界で通用するPADIとなります。




マークスクーバダイバー
マークオープンウォーター
マークアドベンチャー
マークアドバンスドオープンウォーター
マークレスキューダイバー
マークマスタースクーバダイバー
マークダイブマスター

マーク体験ダイビング
マークFUNダイビング


2名様以上
マークボートシュノーケリング
マークボートシュノ&体験ダイブ
マークボート体験ダイビング
マークビーチシュノーケリング
マークビーチシュノ&体験ダイブ
マークビーチ体験ダイビング



ダイビング用語集
あ行  か行  さ行  た行

な行  は行  ま行  や行

ら行  わ行









ナビゲーション