本文へスキップ

チアースは沖縄本島のダイビングショップです。

ダイビングライセンスのステップアッププラン

■1 スクーバダイバーなら、2泊3日の沖縄旅行で取得可能

みなさんは、ダイビングライセンスについてどのくらい知っていますでしょうか?

ダイビングを始めるには、まずはオープンウォーター。そして次にアドバンス。

こんな風に思っている人が多いのではないかと思います。

もちろんまずはオープンウォーター、そして次にアドバンスというのはセオリーです。

チアースでも、基本的にこの順番でお薦めしております。

しかし、必ずしもこの順番がベストとも言い切れないので、別の視点からお薦めのステップアッププランをご案内させていただきますね。

例えば、ダイビングのライセンスを取得しようと沖縄旅行を計画した場合、オープンウォーターを取得するには基本的に3泊4日の日程が必要となります。

これは、飛行機で到着後のダイビングは出来るけど、ダイビングの後に飛行機に乗ることが出来ないからです。

ですから、1日目に沖縄に到着して観光(余裕があれば学科試験)、2日目に小テストや限定水域実習や海洋実習や学科テストや補習、3日目に海洋実習、4日目に帰宅というのが一般的なプランです。

もし、オープンウォーターを、2泊3日で取得しようした場合、1日目の到着が午前10時前であれば、がんばって2泊3日でもオープンウォーター講習が可能ですが、相当ハードになります。

到着後に小テスト、限定水域実習や海洋実習などの海に入っての実技講習、学科テストや補習などで夜まで頑張る。そして、2日目は早朝から海洋実習となり、3日目には帰宅です。

どうでしょう。ちょっとキツイですよね。

そして、疲れた身体で無理をするのは、減圧症などの危険も高まってしまうのです。

ですから、オープンウォーターの場合ですと、3泊4日の日程で、1日目は到着後にゆっくり観光などをして早めに就寝し、2日目に小テストと限定水域や海洋実習や学科テストと補習、3日目に海洋実習、4日目に帰宅というのが一般的なのです。

しかし、3泊4日の沖縄旅行となると、なかなか休みが取れなかったり、ツアー料金も高かったりして、調整が難しいこともあります。

そんなときお薦めなのが、スクーバダイバーです。

スクーバダイバーでしたら、事前学習していれば、講習は1日で取得出来ます。

ですから、2泊3日の日程で、1日目は到着後にゆっくり観光、2日目に講習でスクーバダイバーライセンス取得、3日目に帰宅という流れでダイビングライセンスの取得が可能となるのです。

もし、午前10時前到着であれば、到着後に小テスト、限定水域実習や海洋実習などの海に入っての実技講習、学科テストや補習などで夜まで頑張り、翌日2日目にゆっくり帰宅するという1泊2日の日程でも体力があれば可能です。

■2 スクーバダイバーライセンス取得後のステップアップ



ショップ

shop info.ショップ情報

チアース 沖縄 ダイビング

〒901-2223
沖縄県宜野湾市大山6-2-11
TEL.050-7114-0157

E-mail
diving@cheers.blue

→アクセス



Cカード

Cカード info.

チアースでは、初めてのライセンス(Cカード)から、プロレベルのライセンス(Cカード)まで発行しています。発行するCカードは世界で通用するPADIとなります。




マークスクーバダイバー
マークオープンウォーター
マークアドベンチャー
マークアドバンスドオープンウォーター
マークレスキューダイバー
マークマスタースクーバダイバー
マークダイブマスター

マーク体験ダイビング
マークFUNダイビング


2名様以上
マークボートシュノーケリング
マークボートシュノ&体験ダイブ
マークボート体験ダイビング
マークビーチシュノーケリング
マークビーチシュノ&体験ダイブ
マークビーチ体験ダイビング



ダイビング用語集
あ行  か行  さ行  た行

な行  は行  ま行  や行

ら行  わ行









ナビゲーション